インフォメーション

河内晩柑

営業部次長 木村 孝文

木村(春)河内晩柑は、1920年頃に熊本県飽海郡河内町(熊本市)に住んでいた、西村徳三郎氏の敷地に発生した文旦の偶発実生で、1935年に発見されました。

名前は、その発見された地名の河内と晩成の柑橘類と言う事で名付けられたようです。

河内晩柑は、現在各地で栽培され出荷されています。名称は、産地によって様々で、熊本県はジューシー、愛媛県では愛南ゴールドや美生柑、宇和ゴールドと言う名称で出荷されています。

今が旬ですので、是非ご賞味下さい。

DSC06269 DSC06268

コメントを残す