インフォメーション

7月21日(土)市況。

クリックして下さい。

7月21日市況(野菜)

7月21日市況(果実)

なにわ梅(八助)

営業部 土門 公平

土門1青森県南部町で古くから栽培されているアンズ「八助」、なにわ梅とも呼ばれています。

この品種は、梅漬けの加工に適しているので、みなさん梅漬けをつくると思いますが、もちろんアンズのレシピにも使えるため、非常におすすめの品種です。

今年の作柄は豊作傾向でしたが、このところの雨でほとんどなくなってきています。

今年はまだ梅を漬けていないという方は、お早めにスーパーでお買い求めください。

DSC05875 DSC05874

スイカの季節がやってきた。

営業部営業推進役 作左部 健児

作左部JA秋田ふるさと
昨年は10日から2週間遅れましたが、今年は順調に生育しています。トンネル物の大玉スイカは7月20日前後から下旬まで、普通スイカは7月下旬から8月第1週がピークとなりそうで、お盆前まで続きます。抑制はお盆過ぎに入荷予定です。
羽後のこまちスイカは7月17日から2L~Mが主力で入荷開始しました。
夏丸ちっちぇ
箱も新しくなりましたが、旧段ボールと並用して入荷します。今年からA3L3玉、A2L4玉、AL4玉、AM5玉と新しい規格となっています。3L、2Lは量目が10kg以上あります。
うごの佐藤農園の夏丸ちっちぇは昨年の7割作で少ないです。今週は7月20日、次週は2回~3回の入荷予定です。
JAあきた北JA秋田なまはげ(若美)産の小玉スイカは8月に入ってからの入荷予定です。

DSC05873 DSC05872 DSC05871 DSC05870

大生姜。

営業部営業推進役 鈴木 圭一

鈴木大生姜は、国産生姜として栽培している中で、収量が最も多い品種の呼び名で、主に囲い生姜と親生姜の二種類が市場に流通しています。

囲い生姜は、新生姜を約2ヶ月間貯蔵保管したもので、スーパー、量販店において販売されています。

親生姜は、種生姜として植えた物で、主に業務用中心に市場に出回っている生姜です。

これから夏場に向かい、料理中心に健康、美容まで幅広く利用できる生姜が盛期となります。

DSC05257[1]

 

 

7月21日(土)は市場開放デー。

営業部部長代理 高橋 浩

浩来週の7月21日(土)は市場開放デーです。

今月、水産部は、塩クジラの鍋の試食。青果部は、JA秋田なまはげのメロンとJAうごの大玉スイカの試食。

関連事業者から臨海食品さんの出来たての豆腐をお客様に食べていただきます。

全ての試食は、数に限りがあります。

尚、先月6月は前年比113%のお客様にご来場していただきました。

今月も心よりご来場お待ちしております。 

IMG_7098 IMG_7091 IMG_6717 IMG_6715