インフォメーション

秋田県産「梨」終盤

営業部課長 藤井 泰平

本年度の秋田県産の梨類も、終盤を迎えております。

幸水、豊水と始まり、今日であきづき梨もほぼ終了です。

今後は、秋田オリジナル品種の「秋泉梨」が少しと「南水梨」がこれから何回か入荷します。

本年度は、例年より価格は高い状況で販売が始まりましたが、現在は平年並みになって来ました。

まだ、県内産の梨は楽しめるので、お買い上げよろしくお願いいたします。

10月20日(火)市況

クリックして下さい

10月20日市況(野菜)

10月20日市況(果実)

デルモンテハイランドハニーバナナ

営業部 佐藤 栄作

弊社では、それほど扱いはありませんが、毎週10~15ケース位の数量を販売しております。

ハイランド系なので食味はとても良好です。

JA岩井「レタス」

営業部部長代理 高橋 敏直

JA岩井では、レタス64万ケース、サニーレタス11万ケース、グリーンカールレタス6万ケースの出荷を予定しています。

日々出荷量が増加、来週後半には秋冬シーズンの最初のピークとなる見込みです。

生育面では、日中は好天続き、朝晩は少し肌寒いくらいの気温でレタスの生育には最も適した気温になっています。