インフォメーション

宮城「次世代施設」訪問。

営業部課長 加藤 亮平

加藤

宮城県石巻市北上町のパプリカ、トマトを栽培している「デ・リーフデ北上」を視察してきました。

オランダの高度な栽培技術を取り入れた施設は、パプリカ1.3ha、トマト1.1haを栽培しています。

パプリカの生産量は宮城県が全国一であり、この施設では赤、黄色、橙、の3種類を栽培し1月中旬から出荷予定です。

当社でも販売しています。トマトは富丸ムーチョを栽培、棚もちが良く、ゼリーが崩れないのが特徴で、すでに出荷開始となっています。

 

 

北上地区は東北の中でも日照時間が長く、果菜類の栽培に適した環境であり、これとともに施設ではデーターを活用し、スマホ、タブレットで管理することで、効率的、安定的に栽培しています。

 

IMG_3374 IMG_3373 IMG_3372 IMG_3370

コメントを残す