インフォメーション

カット野菜。

営業部 鈴木 圭一

鈴木気候もようやく春めいてきており、サラダ野菜の需要期となりました。

ところが必需品であるキャベツ、レタス、胡瓜、トマトなどの高騰から中々手の出しにくい商材となり、一時期末端での消費もだいぶ鈍くなりました。

そんな中で、家庭向きのコンパクト食材として売上を伸ばしてきたのが、千切りキャベツ野菜カットサラダといった加工商品でした。

 

これらの商品は、価格が比較的安価で固定しており、容量も適量である事からもロスの少ない食材として今後も需要増が見込まれます。

DSC05668

 

 

コメントを残す