インフォメーション

大生姜。

営業部営業推進役 鈴木 圭一

鈴木大生姜は、国産生姜として栽培している中で、収量が最も多い品種の呼び名で、主に囲い生姜と親生姜の二種類が市場に流通しています。

囲い生姜は、新生姜を約2ヶ月間貯蔵保管したもので、スーパー、量販店において販売されています。

親生姜は、種生姜として植えた物で、主に業務用中心に市場に出回っている生姜です。

これから夏場に向かい、料理中心に健康、美容まで幅広く利用できる生姜が盛期となります。

DSC05257[1]

 

 

コメントを残す